制作会社の変更など様々な要因が重なり システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした「 美レンジャー」

制作会社の変更など様々な要因が重なり
システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。
制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

「美レンジャー」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

美レンジャーは美しさを磨きたい女性のためのターゲットエンゲージメント・メディア。美容のプロのライターたちが実用的な美容方法、使えるコスメのトレンド情報などを、ユーザーと同じ目線で発信していきます。キャッチフレーズは「美人が「キレイ」で世界を救う!」です。
「美レンジャー」のサイトを立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」の「美レンジャー」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました。

何か問題があった時もプライム・ストラテジーに電話すればすぐに回答

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI」サポートサービスを採用したのは高速化だけを期待したのではないです。「KUSANAGI」を導入してパフォーマンスは改善し、今まで管理画面でプレビュー画面を見るのに数秒かかっていたものがサクサク動くようになりました。そして運用コストも50%削減できました。また、何か問題があった時もプライム・ストラテジーに電話すればすぐに回答いただけます。様々な問題が起きてもすぐに目処が立つようになりました。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーは他社にも推薦できます。

「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーの保守は他にも推薦できます

「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、速くなることで使いやすくなった印象があります。またプラグインが90個から60個に整理されたこともよかったです。
WordPressはもともとチューニングしないと高負荷がかかった時に止まりやすいです。「KUSANAGI」を導入すると、まずそういうリスクがなくなります。WordPressをメディアで活用する場合、WordPress精通したプライム・ストラテジーに委託し、「KUSANAGI」を採用すると、Webサイトに対する信頼が上がり、運営にも安心できます。「KUSANAGI」とプライム・ストラテジーの保守は他にも推薦できます。

導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました「GetNavi web」

導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました

株式会社学研プラス GetNavi web編集長
山田 佑樹様

Webサイトのパフォーマンスが悪いせいで、潜在ユーザを逃してきたように思えます。表示速度を改善するべく制作会社に打診していたのですが、良い回答を得られないまま、2017年を迎えました。そのような時に、学研プロダクツサポートのメンバーから紹介してもらったのが「KUSANAGI」でした。
いろいろ調べていくと、プライム・ストラテジーがWordPress業界最強のノウハウを持っていることが分かり、もう「KUSANAGI」を導入するしかないと感じました。そこで、2 017年2月に検討を開始し、3月に発注し、4月3日に切り替え、「KUSANAGI」での新サイトをローンチさせました。導入してすぐに高速化され、表示スピードは1/10に短縮。管理画面を操作する編集部員からはコンテンツ更新のストレスがなくなりました。

表示が遅くなり、その場しのぎで対応してきました

2016年3月にGetNavi webをリニューアルしました。リニューアル前は雑誌のおまけ的なサイトで月間20万PV~30万PVくらいの閲覧数。リニューアル後はあっという間に500万PVを超えるようになりましたが、それにともない表示速度が遅くなっていきました。1ぺージの表示に10秒かかるようなことも度々あり、ひどい時はもっとかかっていたように思えます。当時はプラグインを入れたり、CDNを入れたり、サーバーを増強したり、その場しのぎで対応してきました。

プライム・ストラテジーは警察官のような印象、とても頼りになります

対応のスピードが速い印象です。また対応も手慣れています。発注前にすでに問題点を把握、解決方法も提示してもらい、とても納得できました。導入する前から効果が実感できるくらいの安心感がありました。移行当日は、メールでの対応を頂きましたが、スピーディーな対応でしたし、不明な点もすぐに解決していただきました。プライム・ストラテジーは警察官のような印象でもあります。「普段はあまり気にかけないけれど、何かあると助けてくれるーー。」とても頼れる存在です。

目標は現状の約2倍、「KUSANAGI」に期待しています

GetNavi webは現状の約2倍に当たる1500万PVを目標にしています。目標達成のための重要な基盤として「KUSANAGI」に期待しています。当サイトは趣味性が高い記事が多いので、回遊が多い性質のサイトになります。ただ、コンテンツを考えるともっと回遊してもよいと思っています。回遊性を上げるために、コンテンツ力の向上はもちろん、表示速度をもっと上げて、快適な閲覧ができるようにしたいです。

Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりました

メディア業界を見てみると、紙媒体を持っていてもWeb媒体がまだまだなメディアが多いです。そのようなメディアもちゃんとやればPVが伸びるはずです。そしてPVがのびる段階で、必ずシステム周りで自身では対応できない壁に当たるはず。この部分の解決策として「KUSANAGI」及び公式サポートサービスは高額ではないので、ぜひ使ってみてください。表示スピードの向上の対価として料金を払う考え方です。今後、ビジュアルにこだわるWebサイトが増えていくと思います。それは動画だったり、背景のちょっとした動きだったりと見せ方に拘るメディアが増えるはずです。そのような方は積極的に「KUSANAGI」を活用した方がいいと思います。動作が重いプラグインも問題なく動くようになり、表示が早くなるからです。
GetNavi webの編集部員の間では、Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりましたよ。

読売新聞の医療・健康・介護情報サイト 「yomiDr.(ヨミドクター)」

読売新聞東京本社 医療ネットワーク事務局長
丸山謙一様のコメント

読売新聞東京本社 医療ネットワーク事務局長 丸山 謙一様

読売新聞東京本社
医療ネットワーク事務局長
丸山 謙一様

「yomiDr.(ヨミドクター)」はサービスを開始してから5年が経過して、当時開発したシステムも古くなり、アクセス数も月間230万PVまで落ち込んでいました。スマートフォン対応や災害対策なども必要となったことから、サイトのリニューアルを考えました。
次のCMSはコンテンツの更新頻度が高いことから更新し易さを重視しました。最終的に3社から提案を受け、技術力、エンタープライズWordPressの実績、保守体制、価格などを総合的に判断し、プライム・ストラテジーに委託することにしました。
KUSANAGI for Microsoft Azureを採用したことで、サイトのパフォーマンスは大幅に改善し、月間3000万PVに耐えうる設計になりました。また、運用にかかる時間も従来の1/6になり、コストも50%削減できました。さらに今回は関東が有事の際に、関西で1時間以内に復旧できるような災害対策も施すことができました。

75個あったプラグインを50個にまで減らすことができました「BizLady(ビズレディ)」

制作会社の変更など様々な要因が重なり システムが混乱を極めた時に出会ったのが「KUSANAGI」でした

株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室課長 兼 デジタルメディア室室長
藤井 敬也様

以前は他の制作会社に運営を依頼していました。その制作会社も良くやってくれていたとは思いますが、WordPressの知見や経験、ノウハウで少し足りないところがあり、問題解決のための質問をしてもすぐに回答を頂けなかったり、情報伝達の齟齬があったりしたこともありました。一方で当メディアは外部配信が多く、配信先の状況に合わせた細かい設定をする必要があり、システム面でも複雑な制御が求められていました。 制作会社を途中で変更したこともあり、システムの全体像が見えなくなってしまい、WordPressのパフォーマンスの改善方法や細かいレベルでの問題もよく見えない状態になっていました。そのような時に見つけたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。

美しく働く女性のための新しいウェブマガジンです

(右)株式会社小学館デジタル事業局Webメディア推進室
常盤 敬介様

「BizLady(ビズレディ)」は仕事も生活もよくばりたい、美しく働く女性のための新しいウェブマガジンです。知って得するビジネス情報はもちろん、美容、ヘルスケア、ライフスタイルなど、幅広いテーマについて、わかりやすく、タイムリーに発信しています。オン・オフとも忙しい女性が、スキマ時間にさくっと読めて、シェアしたくなる記事を掲載しています。 「BizLady(ビズレディ)」のサイトを立ち上げた当初から「AMIMOTO」を使用して運営をしていました。当時はこんなものかなと思っていましたが、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」のテストサイトを見て「こんなに速くなんるんだ」と感じました。

口頭で話すとすぐに解決方法の提案をもらえました

今回は河本さんをはじめとする10名の方に担当頂きましたが、口頭で話すとすぐに解決方法の提案を頂き、解決までの目処が立つ印象があります。恐らくですが、プライム・ストラテジーは相当経験があり、原因とその解決方法が直ぐにわかるのだと思います。河本さんの対応もスピーディーで誠実でよかったです。

75個あったプラグインを50個にまで減らすことができました

今回、プライム・ストラテジーの「KUSANAGI for AWS」と「KUSANAGI公式サポートサービス」を採用したのは、高速化だけを期待したのではないです。理由の一つに肥大化したプラグインの問題がありました。 以前担当していた制作会社からの引継ぎ資料もなく、どのプラグインがどこに関係しているかわからず、プラグインを消してよいかわからない状態もあり、機能追加のたびにプラグインが増えていきました。今回、プライム・ストラテジーに委託した際に、プラグインを整理し50個ほどまでに減らすことができました。「KUSANAGI」を導入することによって管理画面が変わるわけではないですが、速くなることで使いやすくなった印象があります。

シンプルで使いやすい3か国語に対応したサイトを構築できた
「日本語能力試験 オンライン登録システム」

インドネシアに拠点があることは心強く、また丁寧で分かりやすい説明でした

独立行政法人国際交流基金
後藤 愛 様

当時、日本語能力試験受験者のオンライン登録を世界的に進める方針が打ち出され、インドネシアでも導入を進めることになりました。委託会社の選定にあたっては、企画競争を実施し、その結果、プライム・ストラテジーが選ばれました。
プライム・ストラテジーは、インドネシアに拠点を持っており、提案内容は、WordPressという汎用性あるソフトを使用したもので、今後の修正や拡張が容易な利点があり、またインドネシアの環境を理解した優れたものでした。日本語・インドネシア語の両言語での説明も丁寧でわかりやすく、将来に起こりうるリスクや可能性についてもしっかりとした解説があり、安心して依頼できるパートナーであると判断され採用となりました。

総合的に国際文化交流事業を実施する、日本で唯一の専門機関

(写真右)プライム・ストラテジーインドネシア
Daeng Marowa

独立行政法人国際交流基金(The Japan Foundation)は、世界の全地域において、総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。世界と日本の人々の間で、お互いの理解を深めるため、さまざまな企画や情報提供を通じて人と人とをつなぐ場をつくり、人々の間に共感や信頼、好意を育んでいきます。
独立行政法人国際交流基金 http://www.jpf.go.jp/j/
日本語能力試験(JLPT)は、日本国内および海外において、日本語を母国語としない人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。
日本語能力試験 http://www.jlpt.jp/

インドネシア現地のスタッフも日本の文化やビジネスをよく
理解している仕事ぶりです

コミュニケーションが密で回答が速く、技術と経験に基づいた説明もわかりやすかったです。例えば、オンラインで受験者が自分で登録を行い、事務局がアドミン機能で確認・承認する形なども、業務を理解した経験から出てくる説明でした。今回、プライム・ストラテジー・インドネシア法人の社長であるダエン・マロワ氏にもご対応頂きましたが、インドネシアの環境のみならず、日本の文化やビジネス、技術にも精通された仕事ぶりでした。

インドネシアはインターネットの環境が弱いのでパフォーマンスが大事

インドネシアでは日本語能力試験の人気が高いので、公開当初登録が殺到して遅くならないか心配でしたが、問題なく動作しました。またインターネットの環境が弱いのでパフォーマンスが重要です。「KUSANAGI」は十分な通信速度が得られ、その点でも評価しています。
今回は3か国語に対応した多言語サイトですので、構造はできる限りシンプルにしたいと考えました。またユーザーはインドネシア人ですので利用者の感覚や発想はインドネシア人のものになります。そのためインドネシア人が直感的に使えるようなデザインにする必要がありました。さらにインドネシア語独特のIT系の言い回しなども気を付けなければなりません。こうしたインドネシア環境全般について、日本とインドネシアの両方の文化を理解している、プライム・ストラテジー・インドネシア法人の社長であるダエン・マロワ氏の意見が役に立ちました。

スムーズな導入ができて感謝

プライム・ストラテジーは過去の経験からITの発注側の知識やニーズに合わせて、提案し、保守を引き受けてくれました。多言語対応なども含めて、大きな問題がなくスムーズな導入ができ、感謝しております。

月間10万PVのサイトが「KUSANAGI」導入1か月でPV数25%増、
今期目標も達成
「株式会社不動産流通システム【REDS】」

発注してすぐの2週間でパフォーマンスを改善

株式会社不動産流通システム 代表取締役
深谷 十三 様

不動産流通システム「REDS」公式Webサイトのアクセス数は月間10万PVにまで成長しており、当社のビジネスにおいて、「REDS」からのお問い合わせ数の伸び悩みは業績拡大の根幹にかかわることです。しかしながら、アクセスが増えれば増えるほど、ページ表示速度が悪化し、最近ではお客様の途中の離脱を招く懸念がありました。
そのような時に、さくらインターネットに相談したところ、ご紹介いただいたのがプライム・ストラテジーの「KUSANAGI」でした。発注してすぐの2週間でパフォーマンスを改善、キャンペーンやコンテンツの改善も合わせて行い、導入1か月後には、PV数が25%増加、今期掲げていたお問い合せ数2倍の目標値を達成しました。今後の業績拡大を実現する基盤として、「KUSANAGI」のパフォーマンスの高さを評価するとともに、さくらインターネットとプライム・ストラテジーの迅速な連携プレーに感謝しています。

関係者向け緊急時の連絡用「東京工科大学緊急用お知らせサイト」

投資対効果の高さと安定性の高さから、
KUSANAGI for Microsoft Azureを採用しました

東京工科大学 八王子キャンパス 事務局業務課 課長 早川 和美様

東京工科大学 八王子キャンパス
事務局業務課 課長
早川 和美様

東日本大震災の教訓を生かし、本学では災害時運営マニュアルを作るようになりました。これにより災害時などの緊急時に最大限、適切に対応できるようになりました。一方で、震災時や火災など全学生や教職員に対する情報発信を事務局から行える仕組みが必要であり、その検討を始めていました。当時は学外・学内向けのWebサイトが同一上のCMSで稼働していたため、Webサイト障害などがあると、Webサイトから情報発信が行えないケースもあり、学外と学内向けのCMSを分ける必要がありました。
ちょうどその時にKUSANAGI for Microsoft Azure上でWordPressを稼働させる提案をいただきました。KUSANAGI for Microsoft Azureは超高速にWordPressを稼働させることができるため、平常時は低コストの運用費で済み、有事のアクセス集中時にもKUSANAGI for Microsoft Azureのハイパフォーマンスさから、安定的にストレスのないWebサイト閲覧ができます。この投資対効果の高さと安定性の高さから、KUSANAGI for Microsoft Azureを採用しました。

管理画面が非常に速くなり、
スタッフやライターの評価も得られそうです「AUTOCAR」

管理画面が速くなり、ライターの評価も得られそうです

株式会社ACJマガジンズ 編集部
上野 太朗様

「AUTOCAR JAPAN公式サイト」の構築と運用をお願いしているメディア・ヴァーグ社から「KUSANAGI」提案を受けるまでは、「管理画面が遅くてもそんなものかな」と思っていたのですが、実際に「KUSANAGI」を活用したテストサイトと比べてみると明らかに違うとその差に気が付きました。
「KUSANAGI」を導入してみると今までのは何だったのだろうと思えるくらい速くなりました。特に管理画面はキャッシュがなくてここまで速いのか!と思えるくらい速くなりました。「AUTOCAR JAPAN」はライターの方に直接原稿を入稿いただくこともあるので、ライターの方の評価も得られそうです。

グローバル人材育成・社員研修・組織人事コンサルティングのアルー「アルー株式会社」

成長に応じたセキュリティとパフォーマンスの強化が必要でした

アルー株式会社 マーケティンググループ
矢部 典子様

特に大きな問題もなかったので、安全性と信頼性が高いKDDIウェブコミュニケーションズ社のシェアードプランでWordPressを長く利用していました。その後、当社はコンテンツマーケティングを展開し、研修に関する情報が大変充実してきました。最近では、幅広い年齢層の方が理解できる総合的なWebコンテンツをご提供するようになり、業種に限らない多くの方々に閲覧頂くようになりました。

また、お客様が研修を検討される方法も、時代の流れで、電話やカタログによる情報収集から、インターネットを駆使してWebコンテンツを吟味し検討するようになりました。アルーのWEBサイトを通じて、お客様との密なコミュニケーションが始まり、その数も増え、今後も当分それが続くようになります。お客様の個人情報など、大切に扱わなければならないデータの管理に益々セキュリティとパフォーマンスの強化が必要になってきたわけです。

ちょうどのその検討のタイミングでご提案いただいたのが「KUSANAGI」と「KUSANAGIフルマネージドサービス」になります。コストパフォーマンスの高さもさることながら、メンテナンス の負荷が軽減でき、セキュリティとパフォーマンスが強化できるとのことで採用いたしました。「KUSANAGI」はかなり事例が多いので、安心してご依頼もできました。

画素数が高い画像が多いWebサーバでも
表示速度が劇的に改善 「 IMA」

表示速度改善のベンチマークも公表されており信頼感を持つようになりました

IMA ONLINEは国内外の展覧会、イベントなどの最新アートフォト情報や、アートを絡めたライフスタイル情報をお届けするオンラインプラットフォーム。ライフスタイルをより豊かにするためのさまざまなコンテンツを提供しています 。
IMA ONLINEでは、以前はWordPressではないCMSを使用していましたが、画面表示や入稿画面も遅く、ストレスを感じていました。そこで新たにサーバ構築の会社を探していたのですが、その中で超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」の存在を知り興味を持ちました。調べてみると、表示速度改善のベンチマークも公表されており「KUSANAGI」に対して信頼感を持つようになりました。

またプライム・ストラテジーがフルマネージドサービスを提供していたため、インフラやサーバ保守だけでなくWordPressの基本的保守もプライム・ストラテジーに委託することで、今まで以上にサイトが運用しやすくなると思いました。
他にも、プライム・ストラテジーの「KUSANAGIマネージドプラン」の採用を決めた背景として、大規模トラフィックのある他社のサイトでの導入例が多かったことなども決め手になりました。