導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました「GetNavi web」

導入してすぐに高速化され、表示スピードが1/10に短縮されました

株式会社学研プラス GetNavi web編集長
山田 佑樹様

Webサイトのパフォーマンスが悪いせいで、潜在ユーザを逃してきたように思えます。表示速度を改善するべく制作会社に打診していたのですが、良い回答を得られないまま、2017年を迎えました。そのような時に、学研プロダクツサポートのメンバーから紹介してもらったのが「KUSANAGI」でした。
いろいろ調べていくと、プライム・ストラテジーがWordPress業界最強のノウハウを持っていることが分かり、もう「KUSANAGI」を導入するしかないと感じました。そこで、2 017年2月に検討を開始し、3月に発注し、4月3日に切り替え、「KUSANAGI」での新サイトをローンチさせました。導入してすぐに高速化され、表示スピードは1/10に短縮。管理画面を操作する編集部員からはコンテンツ更新のストレスがなくなりました。

表示が遅くなり、その場しのぎで対応してきました

2016年3月にGetNavi webをリニューアルしました。リニューアル前は雑誌のおまけ的なサイトで月間20万PV~30万PVくらいの閲覧数。リニューアル後はあっという間に500万PVを超えるようになりましたが、それにともない表示速度が遅くなっていきました。1ぺージの表示に10秒かかるようなことも度々あり、ひどい時はもっとかかっていたように思えます。当時はプラグインを入れたり、CDNを入れたり、サーバーを増強したり、その場しのぎで対応してきました。

プライム・ストラテジーは警察官のような印象、とても頼りになります

対応のスピードが速い印象です。また対応も手慣れています。発注前にすでに問題点を把握、解決方法も提示してもらい、とても納得できました。導入する前から効果が実感できるくらいの安心感がありました。移行当日は、メールでの対応を頂きましたが、スピーディーな対応でしたし、不明な点もすぐに解決していただきました。プライム・ストラテジーは警察官のような印象でもあります。「普段はあまり気にかけないけれど、何かあると助けてくれるーー。」とても頼れる存在です。

目標は現状の約2倍、「KUSANAGI」に期待しています

GetNavi webは現状の約2倍に当たる1500万PVを目標にしています。目標達成のための重要な基盤として「KUSANAGI」に期待しています。当サイトは趣味性が高い記事が多いので、回遊が多い性質のサイトになります。ただ、コンテンツを考えるともっと回遊してもよいと思っています。回遊性を上げるために、コンテンツ力の向上はもちろん、表示速度をもっと上げて、快適な閲覧ができるようにしたいです。

Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりました

メディア業界を見てみると、紙媒体を持っていてもWeb媒体がまだまだなメディアが多いです。そのようなメディアもちゃんとやればPVが伸びるはずです。そしてPVがのびる段階で、必ずシステム周りで自身では対応できない壁に当たるはず。この部分の解決策として「KUSANAGI」及び公式サポートサービスは高額ではないので、ぜひ使ってみてください。表示スピードの向上の対価として料金を払う考え方です。今後、ビジュアルにこだわるWebサイトが増えていくと思います。それは動画だったり、背景のちょっとした動きだったりと見せ方に拘るメディアが増えるはずです。そのような方は積極的に「KUSANAGI」を活用した方がいいと思います。動作が重いプラグインも問題なく動くようになり、表示が早くなるからです。
GetNavi webの編集部員の間では、Web表示速度や更新作業の不満に関する会話がなくなりましたよ。