「KUSANAGI」導入後、回遊率は300%上昇、離脱率は10%減少
「MONEY PLUS」

「KUSANAGI」導入前、増え続けるWordPressサイトに辟易していました

株式会社マネーフォワード エンジニア
村上 勝俊 様

弊社では、「MONEY PLUS」、「MFクラウドシリーズ」、「マネーフォワード」の3サービス運用しています。「MONEY PLUS」は「KUSANAGI」導入後、回遊率は300%上昇、離脱率は10%減少しました。これはページ表示速度を高速化したことによりユーザービリティが向上したからだと考えています。この仕組みを「MFクラウドシリーズ」や「マネーフォワード」などの別サイトで横展開させていきたいです。
他にも、「KUSANAGI」に出会う前からサービスが増える度にサイトを構築していたため、 サーバー上にWordPressサイトは 40サイト程存在していました。
そのような状況の中で、「KUSANAGI」のドキュメントで公開されているコマンドを参考にして、マルチドメイン+サブディレクトリで1WPに集約することが出来ています。
これらは、「KUSANAGI」のパフォーマンスがあったからこそだと考えております。

ソースコードを公開している「KUSANAGI」、自社で運用することができてコストの削減になりました

昨年のAWSサミットで「KUSANAGI」のことを知りました。当時、高速化に対応したWordPressのソフトウェアは聞いたことがなかったため、興味を持ちました。「MONEY PLUS」のテストサイトで導入したところ、表示速度2秒と非常に速かったので「KUSANAGI」に乗せ換えることにしました。
当時、サイトの運用・保守をすべて外注することを考えていました。しかし、予算的にも内部で運用するしかない状況だった為、公開されている「KUSANAGI」コマンドを使い、自前で運用に取り組むことになりました。「kusanagi.tokyo」のサイトに運用に必要なソースコードの記載があります。独自で運用を始めて一年が経ちますが、そちらを参考にしながらサイト運営をしております。WordPressに関わる手順書を検索しても、なかなかソースコードまで公開している所はありませんから、「KUSANAGI」のようなサービスは、あってほしいと願っていたものでした。

WordPressの良いところはそのままに、痒いところに手が届くサービスである「KUSANAGI」

「kusanagi.tokyo」のサイトに記載がある、初期設定・プロビジョニング・WordPressのインストールコマンドを使用し導入しましたが、その際に嬉しかったのはWordPressの基本機能が壊れていなかったことです。WordPressの良さは、管理画面の視覚情報ですぐに理解できる操作性の良さです。これがシステムオリジナルな形式になってしまっていると、いくらオープンソースソフトウェアといえども導入は進まないと思います。現在「KUSANAGI」の公式サイトで公開されている手順書通りで、特に大きな問題もなく運用できているので、今後は「MONEY PLUS」で成功した方法を横展開していく形でサイトの増設に取り組みたいと思います。

今後「KUSANAGI」を使ってやりたい、「サーバー無停止」の環境づくり

有名なキュレーションメディアに自社のメディアを取り上げてもらうには、サーバーが常に安定して稼働していることが必要不可欠です。そのため、冗長構成を取り入れてWordPressのメジャー・マイナーのバージョンアップを、サーバーのダウンタイムゼロで、複数インスタンス構成でやりたいと考えています。さらにオートスケーリングに対応させ、サーバーの無停止を更に追求していきたいです。