KUSANAGIとは

超高速CMS実行環境「KUSANAGI」とは

超高速CMS実行環境「KUSANAGI」(以下「KUSANAGI」)は、プライム・ストラテジーが開発・提供する高速でセキュアな仮想マシンイメージです。

KUSANAGIの特徴

KUSANAGIの特徴は「高いパフォーマンス」と「高度に強化されたセキュリティ」です。

1.高いパフォーマンス(高速+安定)

KUSANAGIによるレスポンス速度の向上

アクセス集中時のKUSANAGIの稼働状況

KUSANAGI 8

KUSANAGI 8は、一般的なクラウド環境 (*1) においてページキャッシュ利用時には1秒あたりの同時リクエスト数約23,000超 (HTTP時) を実現します。管理画面などページキャッシュ非使用時でも1秒あたりの同時リクエスト数約200超 (HTTP/HTTPSとも) を実現します。

標準のLAMP環境 (*2) と比べ、ページキャッシュ使用時には約2,150倍の高速化を実現します。ページキャッシュ非使用時でも約20倍の高速化を実現します。

KUSANAGI 9

KUSANAGI 9では、一般的なクラウド環境 (*3) においてページキャッシュ利用時に1秒あたりの同時リクエスト数約25,000超 (HTTP時) 、ページキャッシュ非使用時に1秒あたりの同時リクエスト数約210超 (HTTP/HTTPSとも) を実現します。

また、標準のLAMP環境 (*2) と比べ、ページキャッシュ使用時に約2,330倍の、ページキャッシュ非使用時に約20倍の高速化を実現します。

標準環境 KUSANAGI 8環境 KUSANAGI 9環境
管理画面(キャッシュなし) 1 約20倍高速 約20倍高速
通常ページ(キャッシュあり) 1 約2,150倍高速 約2,330倍高速

KUSANAGIと標準 LAMP環境の速度比較

*1: Microsoft Azure Standard D4as_v4インスタンス (2.35Ghz AMD EPYC 7452 プロセッサ 4 vCPU, 16GiB), Premium SSD LRS, 東日本リージョン, KUSANAGI 8.5.9-7, PHP 7.4.27, Nginx 1.21.4, MariaDB 10.3.32, WordPress 5.8.2 で計測

*2: Microsoft Azure Standard D4as_v4インスタンス (2.35Ghz AMD EPYC 7452 プロセッサ 4 vCPU, 16GiB), Premium SSD LRS, 東日本リージョン, CentOS 7.9.2009, PHP 5.6.40, Apache 2.4.6, MariaDB 5.5.68, WordPress 5.8.2 で計測

*3: Microsoft Azure Standard D4as_v4インスタンス (2.35Ghz AMD EPYC 7452 プロセッサ 4 vCPU, 16GiB), Premium SSD LRS, 東日本リージョン, KUSANAGI 9.1.0-1, PHP 7.4.27, Nginx 1.21.4, MariaDB 10.5.13, WordPress 5.8.2 で計測

2.高度に強化されたセキュリティ

企業や大学などエンタープライズWebシステムにおいて利用されることを想定し、ビジネスに必須とされるセキュリティ機能がほぼすべて標準で実装されています。

KUSANAGIを利用できるプラットフォーム

KUSANAGI累計稼働台数の推移

世界31カ国232リージョン、国内外の主要な27プラットフォームでご利用可能です(2021年10月現在)。累計稼働台数は5万台を超えています(2021年5月現在)。

【サービスのご案内】
アクセス集中時や災害時も安心、
高速でセキュアなサイト運営なら「KUSANAGIマネージドサービス」

サーバ保守管理の手離れをお考えのメディアサイト、文教サイト、ビジネスサイト運営者様へ。
KUSANAGIマネージドサービス」は、KUSANAGI開発元のプライム・ストラテジー株式会社がご提供する、WordPress等CMSサイトの、サーバからアプリケーションまで一貫した保守管理サービスです。
詳細は「KUSANAGIマネージドサービス」からお問い合わせください。

KUSANAGIの仮想マシン構成

KUSANAGI 8
  • WordPress 最新版(KUSANAGI 専用プラグイン同梱)
  • CentOS 7.x
  • Nginx 1.23.x
  • Apache 2.4.x
  • PHP 8.0.x
  • PHP 7.4.x
  • PHP 5.6.x
  • HHVM 3.19.x
  • MariaDB 10.3.x
  • MariaDB 10.5.x
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • PostgreSQL
  • pgpool-II

※PHP7.2以上の利用は、WordPress4.4以上、および対応プラグインが必要です。
※PHP8.0以上の利用は、WordPress5.6以上、および対応プラグインが必要です。
※WordPress5.2以降を利用の際には、HHVMは利用できません。
※Nginx 1.23以降を利用の際には、Ruby on RailsおよびShibbolethは利用できません。

KUSANAGI 9
  • WordPress 最新版(KUSANAGI 専用プラグイン同梱)
  • CentOS Stream 8
  • AlmaLinux 8
  • Nginx 1.23.x/1.22.x/1.21.x/1.20.x
  • Apache 2.4.x
  • PHP 8.1.x/8.0.x/7.4.x
  • MariaDB 10.3.x/10.4.x/10.5.x/10.6.x/10.7.x/10.8.x

KUSANAGIのパフォーマンス

プライム・ストラテジーのパフォーマンス測定結果 (*1) では、以下の処理能力を実現しています。

Virtual users 30
Duration 60 seconds
(ページキャッシュ非使用時)
Average iteration duration 138.995 ms (HTTP), 139.315 ms (HTTPS)
Average iterations 215.751 requests/s (HTTP), 215.232 requests/s (HTTPS)
(ページキャッシュ使用時)
Average iteration duration 1.280 ms (HTTP), 1.980 ms (HTTPS)
Average iterations 23,250.613 requests/s (HTTP), 15,071.491 requests/s (HTTPS)

*1: Microsoft Azure Standard D4as_v4インスタンス (2.35Ghz AMD EPYC 7452 プロセッサ 4 vCPU, 16GiB), Premium SSD LRS, 東日本リージョン, KUSANAGI 8.5.9-7, PHP 7.4.27, Nginx 1.21.4, MariaDB 10.3.32, WordPress 5.8.2 で計測

KUSANAGIのセキュリティ

KUSANAGIは、Webサイト・Webシステムにおいて通常必要とされるミドルウェアの他に、セキュリティに関するミドルウェアやシステムの導入が容易に実現するよう、以下の構成が実装済みです。

Linuxセキュリティ機能

KUSANAGI 8
  • WAF
  • IPS/IDS
  • SELinux対応
  • TLS1.3
  • TLS1.1以下の無効化
  • 脆弱性スキャンツール
  • DoS対策
KUSANAGI 9
  • WAF
  • SELinux対応
  • TLS1.3
  • TLS1.1以下の無効化
  • DoS対策

WordPress自動アップデート機能

KUSANAGIにはWordPressの管理画面上で操作できる自動アップデート機能が搭載されており、以下機能ごとに各種設定を行えます。

  • 自動更新の有効化、無効化
  • プラグインの自動更新機能
  • テーマの自動更新機能
  • WordPressコアの自動更新機能
  • 自動更新スケジュール機能

KUSANAGIのアップデート

KUSANAGIのRPMパッケージ提供は、開発元のプライム・ストラテジーが行っており、常に最新のミドルウェアをご利用いただくことが可能です。不具合や脆弱性に対応するためのモジュールアップデートを始め、機能追加等含めたKUSANAGIそのもののアップデートは年間数十回以上にのぼります(※アップデート回数は毎年異なります)。

KUSANAGI導入事例

事例集表紙

事例集索引

事例集コンテンツ

プライム・ストラテジー公式サイト「事例」カテゴリ以下で公開中の事例をご覧いただけます。また以下のページでは事例集『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』(無償)をご請求いただけます。
『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』プレゼント

掲載企業・大学の一例

読売新聞東京本社、メルセデスベンツ・日本、野村證券、りそな銀行、マネーフォワード、Freee、サンリオ、松屋フーズ、ブリヂストン、ファミリーマート、セガホールディングス、日経CNBC、小学館、ジャパンダイムズ、サンケイリビング新聞社、扶桑社、国際基督教大学國學院大學、東京工科大学、金沢大学、昭和女子大学 ほか
(順不同・敬称略)

KUSANAGIのエディション

KUSANAGIをご利用の際には、Webサイト・Webシステムの用途や規模に応じて、以下3つのエディションからご選択いただけます。
・無償版
・Business Edition
・Premium Edition
詳細は「エディションとアップデート」をご覧ください。

関連技術(高速化エンジン)

高速化エンジン「WEXAL® Page Speed Technology」を、KUSANAGIのPremium Edition上でご利用いただくことで、Webサイトの表示高速化が実現します。詳しくはプライム・ストラテジー株式会社までお問い合わせください。
プライム・ストラテジー株式会社お問い合わせ

KUSANAGI開発元・当サイト運営者

KUSANAGIはプライム・ストラテジー株式会社が開発・提供しています。プライム・ストラテジー株式会社の会社概要は以下のページをご覧ください。
プライム・ストラテジー株式会社 会社概要

クラウド事業者とのパートナーシップ

プライム・ストラテジーは主要クラウド事業者のパートナーです。
・Goldコンピテンシーパートナー(Gold Cloud Platform)(Microsoft)
・ISVパートナー(Microsoft)
・APN セレクトコンサルティングパートナー(AWS)
・チャンネルパートナー(Alibaba Cloud)
・IBM Cloud ビジネス・パートナー(IBM)
・エコアライアンスパートナー(IDCF)
・クラウドビジネスパートナー(GMOインターネット)
・ソリューションパートナー(SBクラウド)
・GCPテクノロジーパートナー(Google)
・Fujitsu Tech Talk会員(富士通株式会社)
・CPIビジネスパートナー(KDDIウェブコミュニケーションズ)
・GMOクラウド セールスパートナー(GMOクラウド)
・Premiere パートナー(さくらインターネット)
・ORACLE Silver Partner(ORACLE)