WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem 2.4.6-5

kusanagi-prem 2.4.6-5には以下のアップデート内容が含まれます。

改善

  • 壊れたJavaScriptや構文が正しくないJavaScriptが存在する際に、WEXALサービスのリソース最適化が停止してしまう不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.4.4より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。

なお pst init --rebuildconf を実行した際に以下のメッセージが表示される場合があります。

# pst init --rebuildconf
(省略)
Error: AH00526: Syntax error on line 2 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
(省略)

その場合は /etc/httpd/conf.d/ssl.conf を .conf 以外の拡張子に変更して、再度pst init --rebuildconfを実行してください。

# mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.bak
# pst init --rebuildconf

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem 2.4.6-4

kusanagi-prem 2.4.6-4には以下のアップデート内容が含まれます。

改善

  • WEXALサービスのリソース最適化が停止してしまう不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.4.4より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。

なお pst init --rebuildconf を実行した際に以下のメッセージが表示される場合があります。

# pst init --rebuildconf
(省略)
Error: AH00526: Syntax error on line 2 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
(省略)

その場合は /etc/httpd/conf.d/ssl.conf を .conf 以外の拡張子に変更して、再度pst init --rebuildconfを実行してください。

# mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.bak
# pst init --rebuildconf

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-nodejs-prem 1.0.13-1

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-nodejs-prem
# systemctl restart wexal
# pst -v
GlobalのVersionがv2.4.6より前の場合は、kusanagi-premをアップデートしてください。

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem 2.4.6-3

kusanagi-prem 2.4.6-3には以下のアップデート内容が含まれます。

改善

  • WEXAL Reverse Proxy Limited EditionにおいてWEXAL Managerのログインパスワードを設定できない不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.4.4より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。

なお pst init --rebuildconf を実行した際に以下のメッセージが表示される場合があります。

# pst init --rebuildconf
(省略)
Error: AH00526: Syntax error on line 2 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
(省略)

その場合は /etc/httpd/conf.d/ssl.conf を .conf 以外の拡張子に変更して、再度pst init --rebuildconfを実行してください。

# mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.bak
# pst init --rebuildconf

KUSANAGI バージョンアップ情報 8.4.6-1

KUSANAGI バージョンアップ情報 8.4.6-1

KUSANAGIのアップデートを行いました。
Let’s Encryptの証明書を設定・更新する際にcertbot-autoの警告が出力される場合がある不具合の修正を行いました。
最新バージョンへのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update -y

KUSANAGIモジュール更新情報

KUSANAGI を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

php 7.3.26

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update

php7を使用している場合は、以下のコマンドで再起動してください。

# kusanagi php7

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-nodejs-prem 1.0.12-1

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-nodejs-prem
# systemctl restart wexal
# pst -v
GlobalのVersionがv2.4.6より前の場合は、kusanagi-premをアップデートしてください。

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-nodejs 12.20.1-1

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-nodejs
# systemctl restart wexal
# pst -v
GlobalのVersionがv2.4.6より前の場合は、kusanagi-premをアップデートしてください。

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem 2.4.6-2

kusanagi-prem 2.4.6-2には以下のアップデート内容が含まれます。

改善

  • WEXAL Managerより高速化戦略モードを変更できない不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.4.4より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。

なお pst init --rebuildconf を実行した際に以下のメッセージが表示される場合があります。

# pst init --rebuildconf
(省略)
Error: AH00526: Syntax error on line 2 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
(省略)

その場合は /etc/httpd/conf.d/ssl.conf を .conf 以外の拡張子に変更して、再度pst init --rebuildconfを実行してください。

# mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.bak
# pst init --rebuildconf

WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem 2.4.6-1

合わせて、以下のモジュールが更新されます。

kusanagi-nodejs 12.20.0-1
kusanagi-nodejs-prem 1.0.11-1

kusanagi-prem 2.4.6-1には以下のアップデート内容が含まれます。

新機能

  • pst-nodejs/pst-strategy/runner/workerをWEXALサービスにリファクタリングしました。
    • サービスは全てPM2をベースにしたプロセスマネージャで管理され、ログは /var/log/wexal 配下に出力されます。
    • 戦略生成はシステムで共通のキューで、シーケンシャルに処理します。
    • リソース最適化は全てのプロファイルで共通のキューで処理します。多重度はコア数となります。

改善

  • Lighthouseでgoogle-analyticsを取得しないように修正しました。
  • pst initする際に _wxfdir と _wxpdir を自動生成するように修正しました。

変更

  • 戦略生成関連のディレクトリ構成を変更しました。戦略生成に使う David, Nautilus, Arronax 等は、WEXALサービスのものに統一しました。各プロファイル毎に配置された David, Nautilus, Arronax 等は廃止しました。今後は使われません。
  • 各プロファイル毎に動作していたrunnerは廃止されました。
  • 既に使っていないソースや設定ファイルをtemplateから削除しました。init済プロファイル内のファイルは自動では削除しません。
  • pst AI linklistコマンド、pst uncssコマンドが廃止されました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.4.4より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。

なお pst init --rebuildconf を実行した際に以下のメッセージが表示される場合があります。

# pst init --rebuildconf
(省略)
Error: AH00526: Syntax error on line 2 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
Cannot define multiple Listeners on the same IP:port
(省略)

その場合は /etc/httpd/conf.d/ssl.conf を .conf 以外の拡張子に変更して、再度pst init --rebuildconfを実行してください。

# mv /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.bak
# pst init --rebuildconf