KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9 を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

nginx121 1.21.6-2.el8

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# dnf update 

nginxを使用している場合は以下のコマンドで再起動してください。

# kusanagi nginx

WEXAL® Page Speed Technologyバージョンアップ情報 3.1.13-1

WEXAL® Page Speed Technologyバージョンアップ情報 3.1.13-1

WEXAL® Page Speed Technologyのアップデートを行いました。

改善

  • リソースを含まないページがある場合に、PST Managerでリソースヒントを表示できない不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、ドキュメントを参照してください。

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL 3.1を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem3-nodejs 2.0.43-1

この更新には次の対応が含まれます。

  • sqlite3: 5.0.6

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem3-nodejs
# systemctl restart wexal

KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9 を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

curl 7.83.0-1.el8

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# dnf update 

アップデート後、以下のコマンドでKUSANAGI 9を再起動してください。

# kusanagi restart

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL 3.1を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem3-nodejs 2.0.42-1

この更新には次の対応が含まれます。

  • autoprefixer: 10.4.5
  • commander: 9.2.0
  • eslint: 8.14.0
  • express: 4.18.0
  • puppeteer: 13.6.0
  • terser: 5.13.0
  • sqlite3: 5.0.5

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem3-nodejs
# systemctl restart wexal

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL® Page Speed Technology 3.1モジュール更新情報

WEXAL 3.1を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-nodejs 16.15.0-1

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-nodejs
# systemctl restart wexal

KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9モジュール更新情報

KUSANAGI 9 を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

httpd 2.4.53-2.el8

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# dnf update

httpdを使用している場合は、以下のコマンドで再起動してください。

# kusanagi httpd

KUSANAGIモジュール更新情報

KUSANAGIモジュール更新情報

KUSANAGI を構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

php 8.0.18-4.el7

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update --enablerepo=remi

php8を使用している場合は以下のコマンドで再起動してください。

# kusanagi php8

WEXAL® Page Speed Technologyバージョンアップ情報 3.1.12-1

WEXAL® Page Speed Technologyバージョンアップ情報 3.1.12-1

WEXAL® Page Speed Technologyのアップデートを行いました。

新機能

  • KUSANAGI 8のPHP 8.0に対応しました。

改善

  • pst.config.yamlのlua > config > waituntilが有効にならない不具合を修正しました。

モジュールのアップデートについては、ドキュメントを参照してください。

KUSANAGI バージョンアップ情報 8.6.8-1

KUSANAGI バージョンアップ情報 8.6.8-1

KUSANAGIのアップデートを行いました。

PHP 8.0をサポートしました。
– kusanagi initコマンドで --php8 を指定することで初期設定できます。
– kusanagi php8 コマンドで PHP 8.0 に切り替えます。

PHP 8.0を利用するには、WordPress 5.6以上である必要があります。
また、利用しているプラグイン・テーマがPHP 8.0に対応しているかも確認してください。

最新バージョンへのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update -y