WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem2.1.5

kusanagi-prem 2.1.5には以下のアップデート内容が含まれます。

新機能

  • WEXAL PST Managerより「AI自動戦略モード|リソースヒント」が選択できるようになりました。
  • WEXAL PST Managerから各種ログを参照できるようになりました。
  • pst removeコマンドを実装しました。
  • secure target blankディレクティブを実装しました。
  • HTTP Headerのx-pst-dynamic-levelから、現在の高速化戦略モードを確認できるようにしました。

改善

  • wp shorten url/shorten urlディレクティブが適用されるタグの範囲を限定しました。
  • lazy loadを適用するイメージがある場合にのみJavaScriptをロードするように改善しました。
  • engagement delayディレクティブにて正しくパターンマッチしていない不具合を修正しました。
  • luaディレクティブの実行性能を改善しました。
  • WEXAL PST Managerから高速化戦略モードを変えた際、即座に反映されない不具合を修正しました。
  • システムの起動時に、watch/runnerがfallbackモードになってしまう不具合を修正しました。

変更

  • WEXALのWordPressプラグインを廃止しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst init