KUSANAGIの初期設定

KUSANAGI の初期設定 仮想マシンにログインできたら、初期設定を行います。 初期設定には専用の「KUSANAGIコマンド」を使用します。 「KUSANAGIコマンド」は、初期設定のほか、Webサーバーの切替え、キャッシュの制御なども行えるKUSANAGI専用のコマンドです。 ここからの手順ではWordPressが利用できる状態になるよう準備を行う手順について説明します。 1. 初期設定の開始 KUSANAGIコマンドによる初期設定を行う前に、まずCentOSやKUSANAGIシステムのアップデートを yum を利用して行います。 次のように入力し、アップデートを開始します。 # yum update kusanagi -y # yum –enablerepo=remi,remi-php56 update -y アップデートが完了したら以下の手順に従って初期設定を開始します。 次のように入力し、一度サーバを再起動します。Microsoft Azure の場合は、Microsoft Azure ポータルより仮想マシンの再起動を行います。 # reboot 一度接続が切れますので、再度ログインしてから root ユーザーへ切り替え、下記の手順へ進みます。 KUSANAGI仮想マシンにおけるLinuxやデータベースのユーザーパスワードの設定、変更を行います。 次のように入力し、設定を開始します。 # kusanagi init [options] 2. TLS用ホスト鍵ファイルの生成 TLSセッションチケットファイル、DH(Diffie-Hellman)鍵交換で使用するパラメータファイルを生成します。 これらのファイルは /etc/kusanagi.d/ssl 下に生成され、すでに生成しているときは再生成しません。 マシンの性能によっては、このファイル生成に数分かかることがありますので、ご注意ください。 3. サーバタイムゾーンの設定 サーバのタイムゾーンの設定を行います。 オプションに –tz タイムゾーンを指定すると、指定されたタイムゾーンを設定します。 # kusanagi init … Continue reading KUSANAGIの初期設定