KUSANAGIのプロビジョニング

KUSANAGIのプロビジョニング 初期設定ができたら、KUSANAGIでWordPress などを使用するためのプロファイルを作成します。 これにより、Webサーバの設定ファイル、MySQLのデータベースや、ドキュメントルートなどがプロビジョニング(配置)されます。 KUSANAGI では、WordPress(デフォルト)、Concrete5、Drupal8、LAMP をプロビジョニングできます。 1. kusanagi provision コマンドの実行 KUSANAGIのプロビジョニングは、以下のコマンドを使うことができます。 オプションを指定しない場合は、WordPressがデフォルトでインストールされ、必要な設定は対話式で選択していきます。 # kusanagi provision [options] 【任意のプロファイル名】 プロビジョニングの種類 KUSANAGIでプロビジョンするタイプを[options]に指定することで、インストールするアプリケーションを選ぶことができます。 –WordPress を指定すると、WordPress をプロビジョニングします。 –concrete5 を指定すると、Concrete5 をプロビジョニングします。 –drupal7 を指定すると、Drupal7 をプロビジョニングします。 –drupal8 を指定すると、Drupal8 をプロビジョニングします。 –lamp を指定すると、LAMP(Linux+Apache+MySQL+PHP) もしくは LEMP(Linux+NGINX+MySQL+PHP)で使用するための設定のみをプロビジョニングします。 –rails を指定すると、Ruby on Rails をプロビジョニングします。この時のプロファイル名はRailsのプロジェクト名として有効な名前である必要があります。 –WooCommerce もしくは –wooを指定すると、WordPress と同時にWooCommerceプラグインとStoreFrontテーマをインストールします。 WordPressをデフォルトでインストールする場合は、下記の用に指定します。 入力例)# kusanagi provision kusanagi_html 上記の例では /home/kusanagi/kusanagi_html/というディレクトリが作成され、この中にドキュメントルートが作成されます。WordPressのインストールに必要なデータが格納されます。 オプションを指定しない場合は、WordPressがデフォルトでインストールされます。 オプションを指定する場合は、下記のように指定します。 入力例)# … Continue reading KUSANAGIのプロビジョニング