WEXAL® Page Speed Technology モジュール更新情報

WEXALを構成している各モジュールのアップデートを行いました。
アップデートにより適用される各モジュールのバージョンは、以下のとおりとなります。

kusanagi-prem2.3.5

合わせて、以下のモジュールが更新されます。

kusanagi-nodejs12.18.3
kusanagi-nodejs-prem1.0.5
kusanagi-lua-prem1.0.0

kusanagi-prem 2.3.5には以下のアップデート内容が含まれます。

新機能

  • WEXAL PST Managerにログイン画面が実装されました。ログアウトは右上の Logout より行えます。
  • WEXAL PST Managerのダッシュボードよりrunnerの処理待ち数が確認できるようになりました。
    • runnerの処理待ち数が高い数値のままで長期にわたって滞留する場合、サーバのスペック不足が考えられます。
    • サーバのコア数増減の指標に活用ください。
  • runnerが何らかの原因で停止した場合に、自動起動するようになりました。
    • 自動起動は pst init で 2.3.5 以降に更新したプロファイルのみ有効です。
    • これに伴い、WEXAL PST Managerのダッシュボードではrunnerの状態のみを表示するようになりました。
    • pstコマンドでrunnerを停止した場合に自動起動することはありませんが、サーバ再起動後は再び自動起動が有効となります。
    • ※ runnerは最適化コンテンツの生成・高速化戦略の生成に必須のサービスです。基本的に停止しないでください。

改善

  • 何らかの理由で最適化コンテンツを生成するサービスが起動していなかった際、runnerが最適化に失敗する不具合を修正しました。

変更

  • Luaのモジュールを変更しました。
    • 従来の kusanagi-lua-* 等を廃止し、kusanagi-lua-prem に統合しました。
  • NodeJSを v12.18.3 に更新しました。合わせてNodeJSのモジュールを更新しました。

モジュールのアップデートについては、以下のコマンドで適用可能です。

# yum update kusanagi-prem
# cd プロファイルのパス
# pst -v
ProfileのVersionがv2.3.0より前の場合は、pst initに--rebuildconfオプションの指定が必要です。
# pst init --rebuildconf
それ以外の場合
# pst init

リバースプロキシの場合はpst initに--reverseproxyオプション、--originオプションの指定も必要です。