KUSANAGI for Microsoft Azure(旧ポータル)

Microsoft Azure
Microsoft Azure

KUSANAGI for Microsoft Azureは、Microsoft Azure用のWordPressが高速に動作する無償の仮想マシンイメージです。

推奨環境:A2、またはD1インスタンス以上(メモリ3.5GB以上)

KUSANAGI for Microsoft Azureのご利用方法

※MicrosoftアカウントおよびMicrosoft Azureアカウントを取得しており、Microsoft Azureのポータル画面にアクセスできていることを前提として説明しています。

1. 仮想マシンイメージの取得

VM Depot(※)からKUSANAGI for Microsoft Azureの仮想マシンイメージを取得し、Microsoft Azure上で利用できる状態にします。

(※)VM Depotはコミュニティ主導型のオープン ソース仮想マシンイメージのカタログで、KUSANAGI for Microsoft AzureはこのVM Depotに登録されています。

1-1 VM Depotの参照

Microsoft Azureのポータル画面から、VM Depotを参照します。

az01

  1. 左メニュー「仮想マシン」をクリックします。
  2. 「イメージ」をクリックします。
  3. 「VM DEPOTの参照」をクリックします。

「VM DEPOTの参照」ウィンドウが表示されます。

1-2 イメージの選択

「VM DEPOTの参照」ウィンドウにて、取得する仮想マシンイメージとして「KUSANAGI for Microsoft Azure」を選択します。

az02

  1. 「CENTOS」をクリックします。
  2. 「KUSANAGI for Microsoft Azure」をクリックします。
  3. 右下部の→ボタンをクリックします。

1-3 ストレージ アカウントの選択

取得した仮想マシンイメージを登録するストレージ アカウントを選択します。

az03

  1. 「イメージの地域」にて任意の地域を選択します。
    ※上記の例では「日本(東)」を選択しています。
  2. 「イメージの地域のストレージアカウント」にて「新しいストレージアカウントを作成する」を選択します。
  3. 「新しいストレージアカウント名」に任意の名前を入力します。
  4. 右下部のチェックボタンをクリックします。

1-4 仮想マシンイメージの登録

選択した仮想マシンイメージの登録を行います。
「1-3 ストレージ アカウントの選択」が完了すると「仮想マシン」ページに戻ります。

az04

  1. VM Depotからストレージアカウントへ仮想マシンイメージ「KUSANAGI-for-Microsoft-Azure」のコピーが自動的に開始されます。コピーが完了すると、状態に[登録を保留しています]と表示されます。
  2. [登録を保留しています]と表示されていることを確認したら、「登録」をクリックします。

1-5 イメージの登録

「イメージの登録」ウィンドウが表示されます。

az05

  1. 「名前」、「VHDのURL」は変更不要です。(デフォルトの入力値のままとします。)
  2. 右下部のチェックボタンをクリックします。

再び「仮想マシンイメージ」ページに戻ります。

az06

3.仮想マシンの状態が[利用可能]となっていることを確認します。

以上で仮想マシンイメージの取得は完了です。

2. 仮想マシンの作成・起動

取得した仮想マシンイメージから仮想マシンを作成・起動し、ログインできる状態にします。

2-1 仮想マシンの作成

az07
az08

  1. 左下部の「新規」をクリックします。
  2. 表示されるメニューから「COMPUTE」をクリックします。
  3. 「仮想マシン」をクリックします。
  4. 「ギャラリーから」をクリックします。

「仮想マシンの作成」ウィンドウが表示されます。

2-2 仮想マシンイメージの選択

az09

  1. 「マイ イメージ」をクリックします。
  2. 「KUSANAGI-for Microsoft-Azure」をクリックします。
  3. 右下部の→ボタンをクリックします。

2-3 仮想マシンの構成(1)

az10

  1. 「仮想マシン名」に任意の名前を入力します。
    ※上図の例では「kusanagi-vm1」としています。
  2. 仮想マシンのインスタンスを指定します。
    ※上図の例では「階層」は「STANDARD」、「サイズ」は「D1」を選択しています。
    KUSANAGI for Microsoft Azure は、A2またはD1インスタンス以上を推奨環境としています。
  3. 「新しいユーザー名」に任意のユーザー名を入力します。
    ※上図の例では「azureuser」と入力しています。
  4. 「互換性のある認証用のSSHキーのアップロード」のチェックを外します。
  5. 「パスワードの指定」にチェックを入れ、任意のパスワードを入力します。
  6. 右下部の→ボタンをクリックします。

※ここで入力したユーザー名、パスワードを使って仮想マシンにログインします。忘れないよう控えておいて下さい。

2-4 仮想マシンの構成(2)

az11

  1. 「クラウドサービス」にて「新しいクラウドサービスの作成」を選択します。
  2. 「クラウドサービスDNS」に任意のDNS名を入力します。
    ※ここで設定したDNS名がSSH接続のホスト名となります。
    上図の例では、「kusanagi-vm1」と入力しています。この場合、SSH接続のホスト名は「kusanagi-vm1.cloudapp.net」となります。
  3. 「地域/アフィニティグループ/仮想ネットワーク」及び「可用性セット」はデフォルト値のままとし、変更は行いません。
  4. 「エンドポイント」の設定を行います。デフォルトではSSH(22)のみが表示されていますので、必要に応じてHTTP(80)、HTTPS(443)などを追加します。
    ※上図の例では、SSHとHTTP接続のみを行なうものと仮定し、SSH(22)とHTTP(80)を設定しています。
  5. 右下部の→ボタンをクリックします。

2-5 仮想マシンの構成(3)

az12

  1. 「VMエージェント」、「構成拡張機能」はデフォルト値のままとし、変更は行いません。
  2. 右下部のチェックボタンをクリックします。

仮想マシン画面に戻ります

2-6 仮想マシンの起動

仮想マシンの起動が開始されます。

az13

設定した仮想マシンイメージの状態が[開始中]から[実行中]になりましたら仮想マシンの起動は完了です。

3. 仮想マシンにログインして初期設定の準備を行う

以下では仮想マシンへログインして初期設定を行う準備について説明します。

3-1 仮想マシンへのログイン

az14

PoderosaなどのSSHクライアントやターミナルソフトを用い、SSHで仮想マシンにログインします。

※接続するホスト名は「2-4 仮想マシンの構成(2)」で設定したものを、ユーザー名とパスワードは「2-3 仮想マシンの構成(1)」にて設定したものを使用します。

ログインに成功すると、次のような画面が表示されます。

az15

3-2 rootユーザーへの切り替え

次のように入力し、rootユーザーに切り替えます。

$ sudo su -

次のようにパスワードを要求されます。SSHのログインに使用したユーザーのパスワードを入力します。
※パスワードは「2-3 仮想マシンの構成(1)」にて設定したパスワードです。

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for <ユーザー名>:【ユーザーパスワード入力】

rootユーザーに切り替えができていることを確認します。

[root@<ホスト名> ~]#

のように末尾が#となっていればrootユーザーへ切り替わっています。

KUSANAGIの初期設定以降の手順については以下のドキュメントをご確認ください。