KUSANAGI for NIFTY Cloud

NIFTY Cloud

 

KUSANAGI for NIFTY Cloudは、NIFTY Cloud用のWordPressが高速に動作する無償の仮想マシンイメージです。

推奨環境: メモリ4GB以上

KUSANAGI for NIFTY Cloudのご利用方法

※NIFTY Cloudのアカウントをすでにお持ちで、NIFTY Cloudの管理画面 (https://console.cloud.nifty.com/web/)にログインできていることを前提として説明しています。

NIFTY Cloud ダッシュボード

1.仮想マシンイメージの作成

1-1 「KUSANAGI for NIFTY Cloud」仮想マシンイメージの作成

「サーバー」メニューをクリックし、サーバーの一覧を表示します。
次のような画面が表示されます。「サーバー作成」をクリックします。

NIFTY Cloud サーバー一覧

1-2 OSイメージの選択

OSイメージの選択画面が表示されますので、検索ボックスに「KUSANAGI」と入力します。
KUSANAGI for Nifty Cloud が表示されますので、クリックします。

 OSイメージの選択

1-3 サーバータイプの選択

ゾーンとタイプ(vCPUとメモリ搭載量の組み合わせ)を選んで選択ボタンをクリックします。KUSANAGI for Nifty Cloud は「e-small4」以上を推奨環境としています。

サーバータイプの選択

1-4 サーバー設定の入力

サーバー名、メモ、料金プラン、SSHキーの設定を行います。
サーバー名(半角英数字1~15文字)とメモ(全半角40文字以内)は後々認識しやすいようにします。料金プランは、ここでは「従量」を選択、SSHキーは+ボタンから新規キーの作成を行います。入力が完了したら、「確認」ボタンを押します。

NIFTY Cloud サーバー設定

1-5 設定の確認

作成するサーバーの設定内容が表示されます。間違いがなければ「作成する」をクリックしてサーバーの作成を行います。

NIFTY Cloud 設定の確認

1-6 仮想サーバー作成の完了

サーバーの一覧に、作成するサーバーが追加されます。
ステータスが「オンライン」になるまで、数分程度待ちます。

仮想サーバー作成の完了

2. 仮想マシンにログインして初期設定の準備を行う

以下では仮想マシンへログインして初期設定を行う準備について説明します。

2-1 仮想マシンへのログイン

ログインダイアログ

PoderosaなどのSSHクライアントやターミナルソフトを用い、SSHで仮想マシンにログインします。

※接続するホスト名は「1-6 仮想サーバー作成の完了」にて確認したグローバルIPを、ユーザー名は root、認証方式を公開鍵とし、「1-4 サーバー設定の入力」にて設定したSSHキーとパスフレーズを使用します。

ログインに成功すると、次のような画面が表示されます。

KUSANAGI for NIFTY Cloud コンソール

KUSANAGIの初期設定以降の手順については以下のドキュメントをご確認ください