KUSANAGI on Alibaba Cloud

KUSANAGI on Alibaba Cloudのご利用方法

Alibaba Cloudのアカウントをすでにお持ちで、Alibaba Cloudのクラウドコンソールhttps://account-jp.alibabacloud.com/login/login.htm (以降、「コンソール」と記載します)にAlibaba Cloudのポータルサイトからログインできているていることを前提として説明しています。

1.Object Storage Serviceの有効化

コンソールの左サイドバー、プロダクトの歯車の箇所をクリックします。

プロダクト表示設定のポップアップが表示されるので、Object Storage Serviceを選択します。

Object Storage Serviceが選択されたことを確認し、確認ボタンをクリックします。

クラウドコンソールの左サイドバーに、Object Strage Serviceの項目が追加されるので、そこをクリックします。

今すぐ有効化ボタンをクリックします。
※この時、既に有効化されている場合は、Object Storage Service有効化までの手順は必要ありません。

サービスを有効するボタンをクリックします。

有効化されたことを確認し、コンソールに戻ります。

2.KUSANAGIイメージの作成

左サイドバー、Elastic Compute Service (ECS) をクリックします。
もしもサイドバーにメニューが表示されていない場合は、Object Storage Serviceの有効化の手順と同じように、プロダクト表示設定のポップアップで設定して、表示させます。

イメージの項目をクリックします。

イメージリストから、Asia Pacific NE 1 (Japan)を選択し、イメージのインポートをクリックします。

イメージのインポートポップアップが立ち上がるので、イメージのインポート手順を確認します。
1については実行済みなので、3の部分のアドレスの確認をクリックします。

権限付与に同意します。

再びイメージにインポートのポップアップ画面を開き、必要な項目を入力します。下記赤枠の箇所は同じ値を入力します。
OSSオブジェクトアドレスは、http://oss-bu-test.oss-ap-northeast-1.aliyuncs.com/image_m-pswp.vhdを入力します。

イメージのインポートの作成に成功すると、下記のような画面が表示されます。

3.Virtual Private Cloudの設定

Object Storage Serviceの有効化の手順と同様に、左サイドバーにVirtual Private Cloudを表示させます。

左サイドバー、Virtual Private Cloudをクリックします。

VPCの項目をクリックした後、VPCの作成をクリックします。

作成するVPC名の入力と、CIDRを選択した後、VPCの作成をクリックします。

VPCが作成されたことを確認し、次のステップをクリックします。

VSwitchの作成を行います。スイッチの名前と、ゾーン、CIDRを決めます。
プレフィックスの値によって、使用可能なプライベートIPアドレスが決定します。下記の例のように、24の場合は252個のプライベートIPアドレスが使用可能です。
必要な項目を入力したら、VSwitchの作成をクリックします。

VPCが作成されたことを確認し、仕上げをクリックします。

4.インスタンスの作成

左サイドバー、Elastic Compute Service (ECS) をクリックし、インスタンスの項目から、インスタンス作成をクリックします。

価格モデルの選択と、データセンターのリージョンとゾーンの選択を行います。

インスタンスタイプの選択、ネットワークタイプの選択、ネットワーク帯域幅 ピークを設定します。
インスタンスタイプの選択はワークロードに応じていずれかを設定します。ネットワークタイプに関しては、手順3で作成したVPCとVSwitchを選択します。ネットワーク帯域幅 ピークは100Mbpsにします。

オペレーションシステムはカスタムイメージとして作成したKUSANAGIのイメージを選択します。ストレージや、セキュリティ設定は構築するシステムのワークロードやセキュリティ要件によって設定します。

最後に、作成するインスタンスの名前を決めます。

インスタンス作成にあたって選択した内容が概要欄に表示されるので、内容を確認し、今すぐ購入をクリックします。

注文内容の確認画面が表示されるので、最後の確認をし、注文を確定するボタンをクリックします。

注文完了画面が表示されたのを確認し、コンソールボタンをクリックします。

注文完了後、インスタンスのステータスが起動中になります。

インスタンスのステータスが実行中になったら、SSHでインスタンスにログインできるようになります。ログインするホストのIPアドレスは、IPアドレス欄の(インターネット)の左に記載してあります。

5.セキュリティグループの作成

インスタンスの作成後、セキュリティグループの設定を行います。
セキュリティグループの項目を選択肢、ルール設定をクリックします。

下記のようにデフォルトでは、80番ポート(http)や443番ポート(https)は閉じているので、Webサーバとして利用する為にセキュリティグループの追加ボタンをクリックし、開放する設定を行います。

80番ポート(http)や443番ポート(https)の開放設定は、それぞれ下記のように行います。

6.仮想マシンにログインして初期設定の準備を行う

4.インスタンスの作成の時に設定したログイン情報と、IPアドレスをもとにSSHクライアントソフトを使用してログインします。ログインに成功すると、次のような画面が表示されます。

KUSANAGIの初期設定以降の手順については以下のドキュメントをご確認ください。